オススメのカードローンはこれだ!

専業主婦におけるカードローンの利用

貸金業法による「総量規制」の導入によって、消費者金融カードローンの利用者は自分の年収の3分の1を超える額の借入ができなくなりました。従って当然、勤務先を持たず家事に専念している専業主婦は収入がないため、消費者金融カードローンから借入をすることはできません。

ただし、総量規制には「除外」と「例外」という規定があり、条件に充てはまると年収制限額を超えて借入をすることが認められます。その例外の一つとして「配偶者貸付」があります。配偶者貸付というのは要するに、専業主婦であっても夫の同意があれば夫の年収の3分の1以内での借入が許されるというものです。

しかし、実際に大手消費者金融で配偶者貸付を受け付けているところはありません。その背景には、配偶者貸付を行うためには夫の同意書や婚姻証明書(住民票など)、夫の収入証明書を提出してもらうことが必要であるため、事務作業の非効率化を避ける狙いがあります。

一方、銀行や信用金庫などの金融機関は銀行法の管轄であるため貸金業法の適用を受けず、総量規制の対象にもなりません。従って、金融機関のカードローンでは専業主婦に対する貸出を行っているのが一般的です。ただし通常、利用限度額が30万円や50万円などに制限されます。なお、夫の同意書や収入証明書は不要となっています。


このページの先頭へ