お金を使い過ぎで生活が苦しかった時にキャッシングする

お金を借りずに生活するのがベストだと思っていたので、社会人になってから地道にお金を貯めていました。貯めることばかりの生活に飽きてしまい、逆にお金を使う生活を送るようになってしまい、貯蓄は底を付きました。食事はほとんど外食、収入に見合わない賃貸マンションでの生活、気になった洋服やバッグ、靴の購入など、誰が見てもお金を使い過ぎの状態だったのです。

お金がなくなった時に初めて馬鹿だったことに気付きました。洋服やバッグ、靴などを売ってお金に換えましたが、賃貸マンションの家賃を支払うにはまだ数万円足りません。少しでも早くお金が必要だったので、即日でも借り入れが可能なキャッシングに活路を見出しました。心配だったのは審査に通るかどうかです。これまでお金を借りた経験がなかったので、審査は厳しいのか、それとも簡単なのかがわかりません。会社の昼休みに携帯電話から申し込みをしたところ、午後の仕事中に在籍確認の電話がありました。

これには結構驚きましたが、運良く自分が電話を取ったので、職場の人々に不信感を与えることはなかったのです。その後、本人確認の提出を行いましたが、夜も遅かったので実際の借り入れは翌日に行いました。

このページの先頭へ