今の属性に自信がない人は中堅規模の消費者金融も検討しよう

債務整理をした経歴のある人や、既に抱えている債務の件数が2件を超えている場合は、テレビCMでも名の知れた消費者金融の審査に問題なく通るのは難しいケースが多いです。

大手消費者金融の場合は、審査の過程で同じ個人信用情報を共有して過去の借入履歴を調べる事が殆どなので、複数の業者を同時に申し込んでも、連続で審査落ちする事が有り得ます。

もし大手消費者金融で審査を受けるのに属性に自信がないは、地元に根付いて営業している中堅クラスの消費者金融の利用を考えてみるのもいいです。

実は中堅規模になれば、大手消費者金融とは少し違う手法の独自審査で個々の返済能力を判断してくれ、債務整理歴有りや借入件数が複数に渡っていても、誠実に返済する姿勢が伝われば少額融資をしてくれる場合があります。

ただ中堅クラスの業者は、大手とは違い来店不要で手続きできる所は少なく、基本的に本人との対面審査を取り入れて直接属性を見るというのが多いです。

また大手だと少ない枚数の提出で済む本人確認書類も、中堅クラスの場合は10万円以上の借入契約になれば更に追加の書類提出を指示される可能性があります。

そして中堅クラスの業者では、大手のように100万円規模の大口融資は基本的にせず、最大融資枠も30~50万円程度なので少額キャッシングに主に対応しています。

もし中堅消費者金融の利用を検討する際は、審査時間も大手より1,2日余分に時間が掛かるのが基本なので、時間に余裕を持って手続きを行いましょう。

このページの先頭へ